Nichiren・Ikeda

Search & Study

日蓮大聖人・池田大作

検索 & 研究 ver.9

  • 識者との対談・交遊録
    展開 | 閉じる
    • 「21世紀への対話」 アーノルド・トインビー(3)
      • 序文
      • 第一部 人生と社会
        • 第一章 人間はいかなる存在か
          • 1 人間の動物的側面
          • 2 遺伝と環境について
          • 3 精神と肉体の関係
          • 4 深層心理の探究
          • 5 理性と直観
        • 第二章 人間を取り巻く環境
          • 1 人間と自然
          • 2 天災と人災
          • 3 現代都市の諸問題
          • 4 都市から農村ヘ
          • 5 終末論に対して
          • 6 地球の汚染を防ぐために
        • 第三章 知的生物としての人間
          • 1 学問・教育のあり方
          • 2 文学とその役割
          • 3 知識人と大衆
          • 4 知識人・芸術家の政治参加
          • 5 科学的思考法の限界
        • 第四章 健康と福祉のために
          • 1 医学における倫理観
          • 2 臓器移植に関して
          • 3 一般医と専門医
          • 4 老人への福祉
          • 5 国民総生産か国民総福祉か
          • 6 母親業という職業
          • 7 産児制限と家族数
        • 第五章 社会的動物としての人間
          • 1 新しい労働運動のあり方
          • 2 余暇の増大に対して
          • 3 組織と価値観
          • 4 複数組織からの挑戦
          • 5 世代間の断絶と″体制″
          • 6 マスコミの中立性
          • 7 信教の自由について
          • 8 出版の自由の限界
          • 9 死刑廃止について
          • 10 自殺と安楽死
      • 第二部 政治と世界
        • 第一章 二十世紀後半の世界
          • 1 先進国と発展途上国
          • 2 アメリカ合衆国
          • 3 宇宙開発競争
          • 4 日本とイギリス
          • 5 王制の将来
          • 6 国家解消論
          • 7 民族再建と共産主義
          • 8 愛国心と人類愛
        • 第二章 軍備と戦争
          • 1 経済発展と戦争
          • 2 原子力の平和利用
          • 3 代理戦争とアジア
          • 4 ″平和憲法″と自衛
          • 5 未来の世界警察軍
          • 6 戦争の本質と今後
        • 第三章 政治体制の選択
          • 1 指導者の条件
          • 2 ファシズムヘの防塁
          • 3 目的・手段と権力悪
          • 4 民主主義と独裁制
          • 5 民主主義とメリットクラシー
        • 第四章 一つの世界ヘ
          • 1 新たな国際通貨を求めて
          • 2 東アジアの役割
          • 3 中国と世界
          • 4 日本が貢献する道
          • 5 二極時代から多極時代ヘ
          • 6 世界統合化への課題
      • 第三部 哲学と宗教
        • 第一章 事象と本質
          • 1 生命の起源
          • 2 生命の永遠性
          • 3 宇宙について
          • 4 他の天体との交流
          • 5 物質の究極は何か
          • 6 時間と空間
          • 7 ″究極の実在″との合一
          • 8 仏法的なものの見方
        • 第二章 宗教の役割
          • 1 文明の生気の本源
          • 2 近代西欧の三宗教
          • 3 汎神教への回帰
        • 第三章 善悪と倫理的実践
          • 1 性善説・性悪説
          • 2 欲望の超克
          • 3 人間の運命について
          • 4 ″進歩″とは何か
          • 5 愛と良心
          • 6 愛と慈悲の実践
          • 7 愛の領域の拡大
          • 8 至高の人間的価値
      • あとがき
    • 「人間革命と人間の条件」 アンドレ・マルロー (4)
      • 実践者の対話――――桑原武夫
      • Ⅰ 仏法と実践
        • “月の仏教”と“太陽の仏教”
        • 宗教と政治の関係について
        • 自由・平等・博愛と日本の伝統文化
        • 人間の尊厳とデモクラシー
        • 日本と中国をどう位置づけるか
        • 核の脅威を絶滅する方法は?
        • 人類の災厄との闘争で生まれるもの
        • 世界食糧・資源銀行の創設を提案
        • 最初の行動者が回答を
        • 人間革命の意義とその必要性
        • 新しい騎士道を創り出すのはだれか?
        • 生死を本源的に止揚する仏法
        • 日本の蘇生へ持続ある運動を
      • Ⅱ 人類と平和
        • ソビエトの印象
        • 平和への決断と行動
        • 日米関係と日本の進路
        • 世界の平和と一国の平和
        • 二十一世紀には「精神革命」が……
        • 科学と宗教の新しい関係
        • 核廃絶と食糧危機の回避
      • Ⅲ 文学と行動
        • 文学と“人間”の追求
        • 日本美術の西欧への影響
        • 社会主義国の印象
        • 仏教の西欧への影響
        • 活力のある国、ない国
        • 人間にとって最重要なもの
      • 解説
        • 蒼い地球の運命への問い──不可知論と行動 竹本忠雄
      • 註解
        • あ行 
        • か行 
        • さ行 
        • た行 
        • な行 
        • は行 
        • ま行 
        • ら行
    • 「二十一世紀への警鐘」 アウレリオ・ペッチェイ (4)
      • 序文
      • 日本語版への序――――池田大作
      • 第一部 人間と自然
        • 〔論文編〕人間と自然――――アウレリオ・ペッチェイ
          • 絡み合う問題群
          • 一週間の地球年代記
          • “物質革命”の成果
          • 主導者の自覚
          • 人間の圧力
          • 生物圏との衝突
          • “文化的”危機
          • 見せかけの希望
          • 自然との和解
        • 〔対話編〕
          • 一、成長の限界に対して
          • 二、未来のエネルギー源
          • 三、自然とのふれあい
          • 四、全世界的な森林破壊
          • 五、種の絶滅を防ぐために
          • 六、人口増大への対策
          • 七、食糧の供給と分配
          • 八、乾燥化と砂漠化
          • 九、人間の新しい立場
          • 十、宇宙開発の効用
      • 第二部人間と人間
        • 〔論文編〕人間と人間――――池田大作
          • 人間支配の権力
          • 愛と慈悲
          • 宗教と生命観
          • 戦争と歴史
          • 国家と世界平和
        • 〔対話編〕
          • 一、善と悪の概念
          • 二、生命の永遠性と業について
          • 三、自由の尊重と行使
          • 四、民主主義の進むべき道
          • 五、国連と真の平和
          • 六、時代遅れの国家主義
          • 七、伝達手段と心の交流
          • 八、人種的偏見と相互理解
          • 九、世界の諸宗教の協力は可能か
      • 第三部 人間革命
        • 〔論文編〕人間革命――――池田大作
          • 生命の変革へ
          • 九識論と十界論
          • 現実生活への顕現
          • 本源的防衛線
        • 〔論文編〕人間革命――――アウレリオ・ペッチェイ
          • “内なる混乱状態”
          • 人間精神のルネッサンス
          • 全地球的なアプローチ
          • 諸能力の開発
          • 真の平和社会へ
          • 人間革命への行動
        • 〔対話編〕
          • 一、なぜ人間革命か
          • 二、自己の内なる革命
          • 三、文化の進化と人的資源
          • 四、支配者から保護者へ
          • 五、南北格差と教育のあり方
          • 六、権利と義務について
          • 七、教育機関のあり方
          • 八、教育と学習のために
          • 九、減速は可能か
          • 十、進路の変更
        • 結び
        • 〔遺稿〕恒久平和への道――――アウレリオ・ペッチェイ
          • 人類に残された選択──平和
          • 現代人に巣くう症候群
          • 平和論議にひそむ虚構
          • ローマ・クラブがめざす新たな生命の哲学
          • 若者たちの新たな胎動
          • 地球にしのび寄る窒息の危機
          • 地球との協調
          • 拮抗する三つの“圏”
          • かけがえのない惑星を守るには?
        • 後記
    • 「闇は暁を求めて」 ルネ・ユイグ (5)
      • 序文  ルネ・ユイグ
      • 序文  池田大作
      • 第一部 現代の危機
        • 第一章 物質的危機
          • 複産結果
          • 消費文明
          • 資源の消費
          • 汚染
          • 進歩の停止
        • 第二章 精神的危機
          • 公害
          • 逃避の反射作用
        • 第三章 道徳的危機
          • 空間における混乱
          • 時間における混乱
          • 内面的混乱
        • 第四章 芸術に現れる危機の陰影
          • 幸福感から苦悩へ
          • 現実との離反
          • 償いの渇望
      • 第二部 危機の歴史的意味
        • 第一章 人類発展の三段階
        • 第二章 産業時代とその欠陥
          • 侵される自然
          • 合理主義の狂気性
          • 第三世界
        • 第三章 現代文明の起源
          • ブルジョアの興隆
          • 科学時代
          • 心理学的変化
          • 現代人
        • 第四章 新しい文明に直面した日本とフランス
          • 農業の運命
          • 自律の喪失
          • 自然条件
      • 第三部 危機に直面する社会
        • 第一章 社会の課題――人間をつくる活動
          • 思考と人間の教育
          • 家庭の保持
          • 都会生活
          • 時間的連続性の保護
        • 第二章 社会の形態
          • 複雑性か画一性か
          • 全体主義的社会
          • 中国
          • 自由主義社会
        • 第三章 新しい社会をめざして
          • “聖”なるものの役割
          • 人間革命
          • 平和
          • 芸術と愛
      • 第四部 人間の再発見
        • 第一章 調和の鍵
          • 人間と宇宙
          • 調和――生命の法
          • 調和――心の世界の法則
          • 幸福の問題
          • 心の世界の総合
        • 第二章 生命の内面的変革
          • 認識の諸段階
          • 自己抑制力の獲得
          • 自由の問題
          • 欲望と憧憬
          • 自由と道徳
          • 行動の原理――直観と理性
          • 人間の未来
      • 第五部 芸術的創造
        • 第一章 芸術の精神的価値
          • 芸術――第三の実在
          • 目に見えるものを超えた芸術
          • 芸術への尊敬心
          • 権力と芸術
        • 第二章 東洋と西洋の芸術
          • 芸術と文字――東洋
          • 芸術と文字――西洋
          • 日本と西洋
      • 第六部 宗教的飛躍
        • 第一章 超越性
          • 芸術と宗教
          • 不断の上昇
          • 仏教による生活価値
          • 仏法の教える超克の段階
        • 第二章 歴史における宗教
          • 宗教の諸段階
          • 宗教と人間の位置
          • 人間の超克
          • 西洋とキリスト教
        • 第三章 未知に立ち向かう人間
          • 理性と信仰
          • 人間の責任性と永遠の生命
          • “小我”から“大我”へ
      • あとがき
      • 後記 「池田大作全集」刊行委員会
    • 「社会と宗教」 ブライアン・ウィルソン (6)
      • 序文
      • 日本語版への序
      • 第一部 人間と宗教
        • 宗教的感情の源泉
        • 人格神と「法」
        • 混淆宗教
        • 普遍性と特殊性
        • 宗教の普遍性
        • 宗教の神秘性
        • 奇跡物語の意義
        • 合理性と非合理性
        • 生命の永遠
        • 三世の生命観
        • 大乗非仏説論への考え方
        • “空”概念の理解
        • 信仰と功徳
      • 第二部 理性と責任
        • 神の意志と人間の理性
        • 芸術と宗教
        • 人生の不条理
        • 人間の運命と業(カルマ)
        • 普遍的生命と個別性
        • 自殺は認められるか
        • 生命の尊さ
        • 死刑廃止への賛否
        • ガンジー主義への評価
        • 政治と宗教
      • 第三部 組織論
        • 現代における共同体の意義
        • 宗教セクトと共同体意識
        • 宗教組織の二面性
        • 宗教と人間教育
        • 組織と参加
        • 組織形態のあり方
        • 組織伸長が抱える課題
        • 社会的・文化的諸活動
        • 権威主義解消の道
        • 布教活動のあり方
        • 理性の限界
        • カリスマ性について
        • インスピレーションと組織
      • 第四部 歴史からの展望
        • 愛と葛藤
        • セクト間の分裂と憎悪
        • ルネサンスと宗教改革
        • 近代史とキリスト教
        • キリスト教衰退の原因
        • 宗教と全体主義
        • 国教の是非
        • 共産主義と宗教
        • 宗教は文明をリードしうるか
        • 文化の相対性
        • 平和への貢献
        • 宗教と新しい世界秩序
        • 社会改革の基盤としての宗教
      • 第五部 健康・精神
        • 医の倫理
        • 臓器移植について
        • 遺伝子組み換えに対して
        • 生物進化への考え方
        • ガン宣告の問題点
        • ガンと心の研究
        • 安楽死について
        • 死の恐怖とどう戦うか
        • 死と意識
        • 植物人間について
        • 人工受精について
        • 性教育
        • 人口問題と避妊について
        • 人工中絶について
        • 仏法と深層心理学
        • 宗教体験と心理学
        • 心理療法と仏法
        • 超常機能と宗教
        • オカルティズムについて
      • 第六部 倫理観の拡大
        • 性善説と性悪説
        • 現代科学文明と欲望
        • 欲望のコントロールと宗教
        • 快楽としての性
        • 男女間の倫理
        • 罪の意識
        • 宗教と道徳
        • 平等の意義
        • 信教の自由
        • 宗教における寛容
        • 理論と実践
        • 宗教の正統性を決めるもの
        • 教義的規制の拡大傾向
        • 宗教と社会的価値観
        • 科学の発達の是非
        • 公害と自然観の変革
        • 家庭の未来について
        • 親子の間の倫理
      • 後記 「池田大作全集」刊行委員会
    • 「第三の虹の橋」 アナトーリ・ログノフ (7)
      • 日本の読者の皆さまへ
      • まえがき
      • 第一章 人生を語る
        • 幼児期の思い出
        • 勉学時代
        • 心に残る人々
        • 戦争体験
        • 家族について
        • 生活信条
      • 第二章 人間の探求
        • 人間性の探求と文学
        • 人間とは何か
        • 自己抑制の基盤
        • 生と死
        • 幸福の追求
        • 尊厳の意味
        • 社会変革と人間革命
      • 第三章 現代社会と教育
        • 人間における教育の意味
        • 青少年と人格形成
        • 家庭教育
        • 現代社会と女性
        • 福祉制度を活かす道
        • 大学の未来はどうあるべきか
        • 社会に開かれた大学へ
      • 第四章 文化の融合
        • ソ連における東洋と西洋
        • 伝統と近代化
        • 愛国心と文化の融合
        • 文化交流のあり方
      • 第五章 科学と現代文明――書簡による一問一答
        • 科学における“個”と“全体”
        • 時間と空間
        • 宇宙の構造・進化とその始源
        • 「生命の発生」をめぐって
        • 宇宙における知的生物の存在の可能性
        • 科学の発達と人間精神の開発との関連
        • 科学の発達と世界観
        • 遺伝子工学の進歩について
        • 科学の成果の医学への応用
        • 核物理学の医学への貢献
        • 高度神経活動学説
        • 核融合研究と国際協力
      • 戦争と平和――あとがきに代えて
    • 「科学と宗教」 アナトーリ・ログノフ (7)
      • まえがき
      • 第一章 21世紀の「科学」の夢とロマン
      • 第二章 はるかなる宇宙と生命の旅
      • 第三章 「脳」と「心」の妙なる劇場
      • 第四章 「宇宙の法則」が奏でる交響楽
      • 第五章 光と鏡と「量子」の不可思議
      • 第六章 健康革命の世紀へ
      • 第七章 アインシュタインを超えて(1)
      • 第八章 アインシュタインを超えて(2)
      • 第九章 新しき「宇宙文明」の夜明け
      • 第十章 壮大なる人類誕生のドラマ
      • 第十一章 生と死――はてしなき人類のフロンティア
      • 第十二章 二十一世紀の科学と宗教
      • 第十三章 “地球生まれの宇宙人”たちへ
      • あとがき
      • 註解
      • 後記
    • 「21世紀への人間と哲学」 ヨーゼフ・デルボラフ (13)
      • 序文
      • 第1章 日独両国の歴史的関係
        • 1 日独両国の共通点
        • 2 勤労の倫理
        • 3 教育と学問
        • 4 ドイツ帝国と日本
        • 5 ワイマール体制の崩壊
        • 6 分割と統一
      • 第2章 伝統的生活の近代化
        • 1 近代化への反動
        • 2 日本は何をなすべきか
        • 3 自然の保護
        • 4 家族制度の崩壊
        • 5 地域共同体の復興
        • 6 「ストレス」への対処
      • 第3章 西洋と東洋のヒューマニズム
        • 1 西洋ヒューマニズムの背景
        • 2 知性重視と生命尊重
        • 3 ヒューマニズムの本質と形態
        • 4 人間の善悪両面性
        • 5 生命世界の調和
        • 6 「人間らしさ」の条件
      • 第4章 倫理と宗教の役割
        • 1 倫理規範の源流
        • 2 倫理的行動の基盤
        • 3 情念の抑圧と昇華
        • 4 子どもの教育
        • 5 倫理と政治家
        • 6 医師と倫理性
      • 第5章 仏教とキリスト教
        • 1 仏教とキリスト教の共通点
        • 2 愛と慈悲
        • 3 仏教はキリスト教に影響を与えたか
        • 4 法か人格神か
        • 5 ドイツ人と仏教研究
        • 6 仏教とキリスト教の交流
      • 第6章 教育問題
        • 1 何が最も大切か
        • 2 教育と政治権力
        • 3 登校拒否(不登校)の原因
        • 4 校内暴力の風潮
        • 5 青少年の非行
        • 6 童話と性格形成
      • 第7章 未来のための現在
        • 1 環境破壊に対して―略奪される地球
        • 2 さまざまな汚染物質
        • 3 危険な火遊び
        • 4 文化遺産の保存
        • 5 生命工学の課題
      • 後記
    • 「生命の世紀への探求」 ライナス・ポーリング(14)
      • まえがき
      • 第一章 二十世紀とともに
      • 第二章 わが人生の譜
      • 第三章 人間にとって科学とは
      • 第四章 「生命の世紀」への選択
      • 第五章 世界不戦を目指して 
      • 第六章 恒久平和の提言
    • 「世界市民の対話」 ノーマン・カズンズ(14)
      • まえがき
      • 人間が連帯する平和の橋
        • 第一章 ヒロシマの世界化 
        • 第二章 平和教育の眼目 
        • 第三章 「希望」の哲学を語る 
        • 第四章 首脳会談と民間外交 
        • 第五章 コンピューター社会と詩心 
      • 国連──その改革強化への道
        • 第一章 「世界市民」意識の確立へ 
        • 第二章 世界連邦へのアプローチ 
        • 第三章 「部分」と「全体」の調和 
        • 第四章 迫られる「国家観」の変革 
        • 第五章 人類共同体に仕える競争 
      • あとがき
      • 後記 「池田大作全集」刊行委員会
    • 「大いなる魂の詩」 チンギス・アイトマートフ(15)
      • 焚き火を前にしての池田氏との対談
      • 第一章 往復書簡 世界を揺るがした三日間
        • 最も難しい勝利、それは自分に勝つこと!!
        • 賢者の勲章、それは希望・友情――
      • 第二章 戦争・文学・青春
        • 文学への初志
        • 精神の「よすが」への遡行
        • 青年に望むもの
        • 正義の「ありか」とは
        • 母の印象
        • 文化が息づく「場」の継承
        • 「辺境」が生みだす文化の活力
        • 青年期の読書
        • 文学者の社会的責任
        • 「口承文学」の遺産
        • 大地への愛、平和への希求
      • 第三章 ペレストロイカの遠近
        • 環境革命と人間革命
        • 民衆の大地に根差して
        • 文学と政治のかかわり
        • 言葉への信は人間への信
        • 世論・民衆の力
        • 対話の重要性について
        • 調和ある民族の統合
        • ロシア革命観をめぐって
      • 第四章 「新思考」と今後
        • 核時代と人類の運命
        • 戦力という新しい宗教
        • 国益から人類益へ
        • 制限主権論の錯誤
        • 分断から調和への流れを
      • 第五章 作品をめぐって
        • ロシア文学の伝統と特徴
        • 宗教における「不変」と「可変」
        • 民話のもつ意義と普遍性
        • 「悲劇的なるもの」の恵み
        • リーダーへの戒め
        • 第五章 往復書簡
          • 親愛なる友、池田先生
          • 敬愛する友、アイトマートフ大兄
          • 非暴力に関する私の一考察
        • 忘れられた「死」
        • 運命をめぐる、自覚と自省の力
        • 作品に見る民衆像
        • 母性へのイメージ
        • 子どもたちへのまなざし
      • 第六章 内面へのはるかな旅
        • ドストエフスキーの宗教観
        • 「内なる神」の意味するもの
        • ニヒリズムと宗教の復権
        • 「人間疎外」をもたらす要因
        • 言葉の「明示性」と「含意性」
        • 環境破壊と依正不二の哲理
        • 九識論と深層心理学
        • 生命のドラマ・法華経
        • 「第二の枢軸時代」の要件
      • ゴルバチョフに語られた寓話
      • 時代の終わりと始まり―― あとがきに代えて
      • 付・上巻 あとがき
    • 「敦煌の光彩」 常 書鴻(17)
      • まえがき, ,4
      • 第一章 シルクロードの宝石
      • 第二章 永遠なるものを求めて
      • 第三章 人類の輝く遺産
      • 第四章 美と創造の世界
      • 注解
    • 「文明・西と東」 クーデンホーフ・カレルギー(102)
      • まえがき
      • 第一章 アジアと西欧
      • 第二章 国連の現実
      • 第三章 文明の英知
      • 第四章 現代の目標
      • 第五章 日本の進むべき道
    • 「平和と人生と哲学を語る」 H・A・キッシジャー(102)
      • まえがき
      • 序 章
      • 第一章 人生の道
      • 第二章 平和の橋
      • 第三章 哲学と世界
      • 注解
    • 「宇宙と人間のロマンを語る」 ウィックラマシンゲ(103)
      • 序文  フレッド・ホイル
      • はじめに  池田 大作
      • 第一章 宇宙と人間
        • 一 詩と科学と
        • 二 地球外生物は存在するか
        • 三 宇宙の調和とリズム
        • 四 仏教の宇宙論
        • 五 現代科学の宇宙論をめぐって
        • 六 時間・空間の四次元だけで宇宙は理解できるか
        • 七 生命の誕生と進化
      • 第二章 科学と宗教
        • 一 新たな世界観を求めて
        • 二 近代科学とキリスト教
        • 三 近代科学とギリシャ哲学
        • 四 危機に直面する科学
        • 五 西洋と東洋の諸科学
        • 六 中国漢方医学とインド医学
        • 七 二十世紀の技術の成果について
        • 八 科学と仏教の接点
      • 第三章 人類史の転換点に立って
        • 一 宇宙における人間の位置
        • 二 人類史の中の現代
        • 三 核兵器は〈絶対悪〉
        • 四 地球生態系との共存
        • 五 エイズ流行の現状と課題
        • 六 人類共同体意識と天文学の使命
      • 第四章 仏教の平和思想
        • 一「賢者の論」による対話(1)
        • 二「賢者の論」による対話(2)
        • 三 平和への仏教者の使命
        • 四 人間のための宗教
        • 五 アショーカとスリランカ
        • 六 「心の平和」論
        • 七 生命尊厳の理念
        • 八 仏教の社会観
        • 九 釈尊と大乗仏教
        • 十 釈尊の「無記」(沈黙)の意味するもの
      • 第五章 生命の永遠性をめぐって
        • 一 心身論と死後の生命について
        • 二 臨死体験と死の不安の克服
        • 三 業と輪廻の思想
        • 四 ガン告知の是非について
        • 五 脳死と臓器移植
        • 六 植物状態・尊厳死・自殺
        • 七 人工授精・体外受精・胎児診断・人工中絶等
        • 八 遺伝子工学の未来
      • あとがき  チャンドラ・ウィックラマシンゲ
      • 注解
    • 「平和への選択」 ヨハン・ガルトゥング(104)
      • 序文
      • 第一章 学びかつ行動する
        • ノルウェーという風土
        • 挑戦を受けて立つ
        • 市井の哲人
        • 偉大な師に学ぶ
        • 青年時代と読書、芸術
        • さまざまな学習のあり方
        • 頭では現実を、心には理想を
        • “論ずるよりも行動を”
        • 楽観主義という財宝
        • 家庭――愛の織物
        • 女性――天性の平和主義者
      • 第二章 歴史としての現在
        • 「世界市民」の心
        • 日本国憲法第九条
        • 太平洋文明の時代
        • 対話の達人たち①
        • 対話の達人たち②
        • 社会主義の功罪
        • ペレストロイカについて
        • 市場経済と計画経済
        • ヨーロッパの統合
        • 二十世紀の位置づけ
      • 第三章 実行可能な非暴力
        • ガンジー①楽観主義
        • ガンジー②非暴力と構造的暴力
        • ガンジー③人間革命か、社会革命か
        • ガンジー④広い宗教観
        • 死刑廃止について
        • 平和のための教育
      • 第四章 変革のための宗教
        • 宇宙生命との共鳴
        • 万物の連関
        • 聖なるものの本質
        • 「寛容」について
        • 仏教の長所と短所
        • 新たな世界的大乗教
      • 第五章 民衆の手に支配権を
        • 民衆パワーの今後
        • 合理主義の傲り
        • 人権――普遍的な規範
        • 日本人の人権感覚
        • 人権を支える哲学
      • 第六章 新たな世界秩序へ
        • 社会主義、その後
        • 「全人類的価値」の優位
        • 民族主義の炎
        • 「原理主義」について
        • 文化相対主義について
        • 国連の改革
        • 「環境・開発国連」構想
        • 国連への市民参加システム
        • 国連と日本の国際貢献策
        • 「持てる国」と「持たざる国」
        • 地球的諸問題へのアプローチ
        • 核兵器の黙示録的性格
        • 核拡散と核管理をめぐって
        • 核撤廃への道
        • 世界政府への展望, 
    • 「二十一世紀の人権を語る」 A・アタイデ(104)
      • はしがき アウストレジェジロ・デ・アタイデ
      • はじめに 池田 大作
      • 第一章 人権ルネサンスの世紀へ
        • 「言葉」を武器としての闘い
        • アタイデ総裁の生い立ち
        • 聖職者からジャーナリストの道へ
        • 父母の思い出、妻のこと
        • ブラジル文学アカデミーの仕事
      • 第二章 人道の熱き魂の系譜
        • 献詩「人道の旗正義の道」に託して
        • マンデラ氏への五つの具体的提案
        • 獄中を学びの場に変えた“マンデラ大学”
        • 「サティヤーグラハ」の実践
        • 「差異へのこだわり」を超える道
      • 第三章 「人間主義」の旗翻る世紀へ
        • ガンジーとパンディ博士――師弟の出会い
        • 釈尊からガンジーに継承されたもの
        • 生命の“魔性”との闘い――釈尊の悟り
        • 「人間主義」とは「人間」を愛し「人間」を信じること
      • 第四章 「人道」と「平和」の世界への「大光」
        • 第二次世界大戦の悲劇を繰り返さぬために
        • ルーズヴェルト夫人、カサン博士との友情
        • 第三委員会――アタイデ総裁の活躍
        • 総裁が提起した「第一条」をめぐる論点
        • 「宝塔」とは尊厳なる人間生命
      • 第五章 「精神の世界連合」への潮流
        • “人類調和への記念碑”として
        • 「人権」を基礎づける二つの大きな流れ
        • 「無明」との対決こそ幸福への道
        • 古代ギリシャ・ローマの哲学者達の遺産
        • “内発の力”を育む“精神のルネサンス”
        • 仏教における「人権」の人類的普遍性
      • 第六章 「人権主義」の地球ネットワークを
        • 人類普遍の価値を創造する粘り強い対話
        • 「熱情をもって“献身する者”」
        • 「第一世代の人権」と「第二世代の人権」の統合
        • 民衆のために尽くす維摩詰の実践
        • 「世界人権宣言」のもたらした世界的影響
        • 人類史に光を放つその普遍性の意味
        • 「三世間」と「依正不二」の法理からみた人権
      • 第七章 「一人の尊厳」輝く世界に向け
        • 「信教の自由」の保障と「政教分離」の由来
        • 「思想の自由」が法律で制限される危険性
        • 宗教は自由が保障されてこそ真価を発揮
        • 自らの欲望で教団を衰亡させた聖職者達
      • 第八章 「人権の新世紀」への確たる軌道
        • 「心田」を耕すということの意味
        • 価値創造の能力を開発するために
        • 「幸福の追求」は人生と教育の目標
        • 教育という「聖業」への献身
        • ブラジルの「教育」の道
        • 来たるべき一千年への調和と団結を求めて
        • 『法華経』に説かれる「開示悟入」の法理
      • 第九章 「新たなる千年」に向けて
        • ペレストロイカの本質と「新思考外交」
        • 平和に生きる権利
        • アマゾンの開発はいかにあるべきか
        • 「人間の発展」を意味する「開発・発展」
        • 人権闘争のモデル――不軽菩薩の実践
        • “宇宙に具わる宗教的なるもの”への洞察
    • 「二十世紀の精神の教訓」 ミハイル・ゴルバチョフ(105)
      • まえがき
      • 第一章 人間、歴史、運命
        • 人類の歩むべき道
        • わが青春、わが故郷
        • 「平和の世紀」へ新たな出発
      • 第二章 人類史の新しき舞台で
        • ペレストロイカの真実
        • リーダーシップの栄光と苦悩
        • 世界を変えた″第一歩″の決断
        • ソフト・パワーを選択するとき
      • 第三章 宗教
        • 楽観主義という美質
        • 東洋と西洋が出合うとき
        • 二十一世紀を担う世界宗教の条件
      • 第四章 民族問題の隘路
        • 新たなるグローバリズムの時代ヘ
        • 「世界市民」の大いなる舞台
      • 第五章 新しい文明を求めて
        • 共産主義的全体主義の破綻
        • 現実的ヒューマニズムと社会主義
        • 「内なる革命」による人間主義
        • 「新たなる人道主義」の世紀
        • 「人間復興の世紀」への指標
      • 対談を終えて
        • 新思考から新政治ヘ
        • 人間の尊厳の危機を超えて
    • 「子供の世界」 アリベルト・A・リハーノフ(107)
      • まえがき 池田 大作
      • 第一章 幼年時代、それはまえぶれではなく、人生そのもの
      • 第二章 話し聞かせる“人生の真実”の物語
      • 第三章 教育と文化の花開かせる“祈り”
      • 第四章 テレビ時代を生きる子らへの願い
      • 第五章 生活環境の保障こそ健全な社会
      • 第六章 いじめ――小さな暴力
      • 第七章 「触発」のドラマが結ぶ絆
      • 第八章 傷ついた心を癒す“励ましの社会”へ
      • 第九章 ティーンエイジャー――嵐と、花開く可能性
      • 第十章 わが家の家庭教育
      • 第十一章 演劇的家庭論
      • 第十二章 成長家族――理想と目標の共有
      • 第十三章 「父性」のあり方
      • 第十四章 「母性」のあり方
    • 「健康と人生」 ルネ・シマー/ギー・ブルジョ(107)
      • 序文 池田 大作
      • 序文 ルネ・シマー
      • 対談にあたって
      • 第一章 ガンとエイズ
        • 1 ガンの歴史と現在
        • 2 ガンの予防と治療
        • 3 ガン告知――医師と患者の絆
        • 4 エイズ――その脅威と対処
        • 5 エイズと人権
      • 第二章 健康と調和
        • 1 健康の本質について
        • 2 健康と病気
        • 3 環境との調和
        • 4 生涯青春の生き方
        • 5 ストレスを超える法
        • 6 “心の病”とどう向きあうか
        • 7 “理想の人生”について
      • 第三章 生命倫理の課題
        • 1 宗教と医療倫理
        • 2 死の定義
        • 3 脳死をめぐって
        • 4 尊厳死と死苦の超克
        • 5 死とどう向きあうか
        • 6 生命の誕生
        • 7 生殖技術と生命
      • 第四章 生命の進化と人類の誕生
        • 1 生命の起源
        • 2 生物進化論をめぐって
        • 3 人類の誕生
        • 4 さまざまな生命観
      • 第五章 生命の世紀の黎明
        • 1 現代物質文明の病態
        • 2 人間教育のあり方
        • 3 大学教育の使命
        • 4 科学技術と倫理・哲学
        • 5「生命の世紀」に向けて――世界市民の要件
      • あとがき モントリオール大学教授 ギー・ブルジョ
    • 「太平洋の旭日」 パトリシオ・エイルウィン(108)
      • はじめに
      • 第一章 民主化への道
      • 第二章 和解の大統領
      • 第三章 大統領官邸の石炭の彫刻
      • 第四章 血なまぐさい軍事政権から脱却
      • 第五章 政治と宗教のあるべき関係
      • 第六章 権力の腐敗を正すものは何か
      • 第七章 二十一世紀は人権の世紀
      • 第八章 第三世代の人権
      • 第十章 環太平洋時代への展望
      • 第十一章 冷戦後の国際秩序を求めて
      • 第十二章 “非暴力”の可能性
      • 第十三章 核廃絶と平和への道
      • 第十四章 民族主義の帰趨
      • 第十六章 微笑の奥に
      • 第十七章 チリにみる「人生地理学」
      • 第十八章 環境保護か経済成長か
      • 第十九章 共生の哲学
      • 第二十章 最近の世界の動きに関して
    • 「21世紀への選択」 マジッド・テヘラニアン(108)
      • はじめに
      • 第一章 仏教とイスラム
      • 第二章 「寛容」と「多様性」
      • 第三章 対立から共生へ
      • 第五章 永遠の生命の視座
      • 第六章 「宗教的精神」の蘇生
      • 第七章 「地球文明」の創出
      • 第八章 精神の「内発性」
      • 第九章 人間の安全保障
      • 第十章 世界市民の要件
      • 第十一章 人類共生への「選択」
      • 後記 「池田大作全集」刊行委員会
    • 「内なる世界 インドと日本」 カラン・シン(109)
      • 序文
      • 第一章 インド思想の源流
        • インダス文明のアーリア人への影響
        • 初期アーリア人の社会
        • アーリア人の宗教的発展
        • ヴェーダの神々
        • 「デーヴァ」と「アスラ」
        • インド宗教の両極性
        • 古代インドの宗教と近代ヨーロッパ
      • 第二章 ウパニシャッド哲学の発展
        • ウパニシャッドへの発展の起因
        • ウパニシャッドの修行法
        • ブラフマンとアートマンの概念
        • 人生の四段階観
        • ウパニシャッドと仏教の相違
        • 遁世による解脱観
        • 輪廻観の起源
        • 輪廻観―インドとエジプト
        • 神話から哲学への推移
      • 第三章 仏教とインド社会
        • 釈尊の生没年
        • 仏教の革新性
        • 仏教の隆盛期と栄光
        • 大乗仏教の特質
        • カシミールと仏法東漸の道
        • アショーカ王と西方世界
        • アショーカ王の平和思想
        • ミリンダ王と対話の精神
        • ガンダーラ文化と西方世界
      • 第四章 仏教の伝播
        • インド仏教衰滅の原因
        • 都市型宗教の脆さ
        • 民衆からの遊離
        • 富の蓄積と僧侶の堕落
        • 人間平等観の系譜
        • 仏教のアジア各地への流伝
        • 仏教のインド文化への影響
        • 現代インドにおける仏教の復興
      • 第五章 東洋の英知と人類の未来
        • 現代の文明的課題
        • 東洋を向く西洋
        • 『法華経』と釈尊の真意
        • 宝塔と生命の尊厳観
        • 仏寿の久遠の意味するもの
        • 三世十方の仏土と宇宙観
        • 煩悩のとらえ方の転換
        • 生死の流転思想
        • 東洋の復興と英知の回復
    • 「美しき獅子の魂」 A・D・ジュロヴァ(109)
      • 序文
      • はじめに
      • 第1章 ブルガリア文化と東方正教
        • 「獅子」の意味するもの
        • 東と西のキリスト教
        • 東方正教会の人間観
        • ブルガリアにおけるキリスト教の受容
        • ボゴミール運動の意義
      • 第二章 日本文化と大乗仏教
        • 日本における仏教の受容
        • 聖徳太子と大乗仏教
        • 日本における儒教・道教とキリスト教
        • 仏教における美術の役割
        • 鎌倉仏教と日蓮大聖人
      • 第三章 人間と言語
        • 音楽と民俗
        • 『法華経』とブルガリア写本
        • 民族と言葉
        • “バルナ文明”
      • 第四章 人間と文化
        • 芸術のあり方
        • 伝統と近代化について
        • 女性と家族
        • 文学について
      • 第五章 21世紀――“生命の世紀”の開幕
        • 教育の使命
        • “シルクロード”と文化交流の意義
        • 人類の生存と世界宗教
        • 21世紀におけるブルガリアと日本
      • あとがき
      • あとがきに代えて
    • 「カリブの太陽 正義の詩」 S・ヴィティエール(110)
      • はじめに
      • 謝辞
      • 第1章 迫害と人生
        • 1 流罪の讃歌――千年先を見つめる眼光
        • 2 師弟――限りなき向上の軌道
        • 3 家族――その人間愛を世界に広げて
        • 4 間断なき前進――言論による精神闘争
        • 5 永遠の生命観――生も歓喜、死も歓喜
      • 第2章 民衆と共に
        • 1 使徒と民草――無限の活力への信頼
        • 2 民衆の教師――対話と行動の戦人
        • 3 リーダーシップ――先覚者の苦悩と決断
        • 4 二十一世紀の国家観――人類こそわが祖国
      • 第3章 詩心の選択
        • 1 心の詩――人間と宇宙の交響
        • 2 人道の闘士――永遠なる魂の獅子吼
        • 3 父から子へ――体験、精神の継承
    • 「希望の選択」 ディビッド・クリーガー(110)
      • はじめに
      • 序に寄せて
      • 第1章 「平和の行動社」への道
        • 1「戦争の世紀」に生まれて
        • 2 原点――人生の大いなる転機
        • 3 誓い――広島、長崎を訪れて
        • 4 日本とアメリカの使命
      • 第2章 理想を現実に変える
        • 1 変革への意志と「民衆の力」
        • 2 行動だけが「平和」を創る
        • 3「楽観主義」と「漸進主義」
        • 4 平和運動に求められる要件
      • 第3章 文学と人生
        • 1 古今のロマン――青春の日の読書
        • 2 心の詩――自然・人間・宇宙の営み
      • 第4章 不戦の世界へ
        • 1 科学の使命――悲劇を起こさぬために
        • 2 「アボリション二〇〇〇」の挑戦
        • 3 核時代と「原水爆禁止宣言」
      • 第5章 未来への挑戦
        • 1 「人間の安全保障」と国連の未来
        • 2 地球的問題群とNGOの役割
        • 3 教育の使命と青年への期待
      • 後記「池田大作全集」刊行委員会
    • 「旭日の世紀を求めて」 金庸(111)
      • 対談にあたって
      • はじめに
      • 第一章 香港の明日――返還を前にして
      • 第二章 日本と香港――「環太平洋文明」の視点から
      • 第三章 人生幾春秋――若き日の鍛えと人格形成
      • 第四章 「二十一世紀人」の条件――鄧小平と香港返還
      • 第五章 友情、精神と人格、仏教との出合い
      • 第六章 青春の書――『プルターク英雄伝』の人間学
      • 第七章 新たなる「文学の復興」を――『モンテ・クリスト伯』の魅力
      • 第八章 民衆の魂の覚醒――革命的ヒューマニスト・魯迅
      • 第九章 ペンによる大闘争――『立正安国論』から「巴金」へ
      • 第十章 「生への希望」を語る「人間のための文学」
      • 第十一章 「ユマニテの光」で世界を照らせ――ユゴー文学の核心
      • 第十二章 新世紀をひらく「王道」――『三国志』『水滸伝』のロマン
    • 「新しき人類を 新しき世界を」 V・A・サドーヴニチィ(113)
      • はじめに
      • まえがき
      • 第一章「知識」と「知恵」を結ぶ橋
        • 1.ロシアの教育とプーチン大統領
        • 2.無限の宇宙をめぐる信仰と知性
        • 3.「多様性の調和」へ知恵の教育
      • 第二章「自由」と「平等」の両立
        • 1.新世紀の実験――人間革命から社会革命
        • 2.新生ロシアの挑戦――カオスからコスモスへ
        • 3.未来社会のモデルを求めて――「競争」から「共創」へ
      • 第三章「伝統」と「近代化」の調和
        • 1.「地球文明」――多民族の共生と平和を
        • 2.対話の力――「平和の世紀」を求めて
        • 3.グローバリゼーションの時代
    • 「学は光」 V・A・サドーヴニチィ(113)
      • まえがきに代えて――読者へ
      • 第1章 変貌する教育環境
        • 1.家庭の揺らぎ
        • 2.情報化の光と影
      • 所感「教育のための社会」という指標(池田大作)
      • 第2章 大学の未来像
        • 1.教育と研究の両立
        • 2.「教養」という人間力
        • 3.グローバル化をめぐって
        • 4.「生涯教育」と「成人教育」
      • 所感 大学――直面する試練(V・A・サドーヴニチィ)
      • 第3章 二十一世紀の基礎科学
        • 1.二十世紀の「負の遺産」
        • 2.文明を変貌させるエネルギー問題
        • 3.基礎科学は倫理観の覚醒を促す
        • 4.科学と宗教の関係
        • 5.二十一世紀の宗教運動
    • 私の世界交友録(122)
      • はじめに
      • I アメリカの挑戦
        • ポーリング博士
        • アーマンド・ハマー博士
        • ローザ・パークス女史
        • コーネル・キャパ氏
        • グレン・ペイジ博士
        • ルデンスタイン博士
        • ヌール・ヤーマン博士
        • ノーマン・カズンズ博士
        • ガルプレイス博士とペッチェイ博士
      • II ヨーロッパの叡智
        • サッチャー英国首相
        • アーノルド・トインビー博士
        • ヴァイツゼッカー大統領
        • ゴルバチョフ大統領
        • ハベル大統領
        • ロベルシ=モナコ博士
        • ノルウェーのガルトゥング博士
        • ログノフ モスクワ大学総長
        • ホフライトネル会長
        • カールソン スウェーデン首相
        • ポエール上院議長
        • マンロー博士
        • ブリカル バルセロナ大学総長
        • ホフロフ モスクワ大学総長
      • III アジアの慈悲
        • 周思来総理夫妻
        • ラジブ・ガンジー首相
        • 王■武(おうこうぶ)香港大学学長
        • コラソン・アキノ フィリピン大統領
        • アブエバ 国立フィリピン大学総長
        • ランジェル・マカオ政務長官
        • インドのパンディ博士
        • 蘇歩青 復旦大学名誉学長
        • 巴金中国作家協会主席
      • IV 地球時代への息吹
        • ネルソン・マンデラ南アフリカ大統領
        • ムバラク エジプト大統領
        • ガビリア コロンビア大統領
        • エイルウィン大統領
        • アタイデ博士
        • パラゲール大統領
        • セリーン アンカラ大学前総長
        • デリッチ コルドバ大学総長
      • V 芸術家への感謝
        • ユーディー・メニューイン氏
        • アンドレ・マルロ一氏
        • バルシュ・マンチョ氏
        • アマラウ・ビエイラ氏
        • サイフェルト女史
        • プグリエーセ氏
        • クリシュナ・スリニバス博士
        • ワイルドスミス氏
    • 私の世界交友録II(前半)(122)
      • はじめに 
      • I 西洋の人間主義者たち
        • チャールズ英国皇太子
        • アン王女
        • メージャー首相
        • ヤコブレフ博士
        • ハイヤー会長
        • マヨール ユネスコ事務局長
        • ジャストロウ博士
        • キッシンジャー博士
      • II ″熱き国″のパイオニアたち
        • デクエヤル国連事務総長
        • フィゲレス コスタリカ共和国大統領
        • エスキベル博士
        • グレド ジブチ共和国大統領
        • ヴィティエール博士
        • カストロ キューバ国家評議会議長
      • III 心から心へ、中国の賢者たち
        • 金庸氏
        • 蘇東天画伯
        • 趙樸初中国仏教協会会長
        • 銭偉長 上海大学学長
      • 後記