Nichiren・Ikeda

Search & Study

日蓮大聖人・池田大作

検索 & 研究 ver.9

全国代表者会議 百年に匹敵する一年を! スピードで勝て

2005.3.25 スピーチ(2004.9〜)(池田大作全集第97巻)

前後
1  青年よ大理想に生きよ!
 全国代表者会議の開催、ご苦労さまです! きょうは、ゆったりと懇談的に話を進めてまいりたい。
 戸田先生は、だれよりも、青年を大事にされた。青年と膝を交えて語りあい、質問や悩みなど、何でも聞いてくださった。そしてまた、古今の名作や万般の事象を通して、ありとあらゆる指導をしてくださった。
 青年を何としても、人生の勝利者にするのだ!
 広宣流布の大指導者にするのだ!――この戸田先生の気迫にふれ、私たち青年は立ち上がった。自分に勝ち、社会で勝ち、広宣流布にわが身を捧げて戦ったのである。
 本当に偉大な先生であられた。
 フランスの文豪ヴィクトル・ユゴー。
 戸田先生がお好きな作家であった。先生は、ユゴーについて、よくこうおっしゃっていた。
 「ユゴーは、たいした文豪である。たいした実践家である。たいした革命児である。彼の生き方は、学会精神に通じるものがある」と。
 私も十代のころから愛読した作家である。
 戸田先生のもとで、ユゴーの名作『九十三年』などを読み進めた。文豪の言々句々を青春の闘争のエネルギーとしてきたのである。
 ユゴーいわく。
 「私たちはスピードの時代を生きている」
 「私たちのいる時代にあっては、一年が百年にも匹敵する仕事をする」(『言行録』稲垣直樹訳、『ヴィクトル・ユゴー文学館』9所収、潮出版社)
 スピードが大事である。ますます、そういう時代になってきた。
 私のもとにも、朝となく夜となく世界各国から連絡が入る。先ほども緊急の報告があり、協議をしていたところである。変化、変化の時代にあって、徒歩や馬車のような速度で、のんびりやっていては、まったく話にならない。
 スピードで勝て!
 一年が百年にも匹敵する仕事をなせ!
 学会は、このとおりに進んできた。
 時代を見通し、迅速に手を打ち、休みなく行動してきた。また、同志が苦しんでいると聞けば、何をさしおいても、飛んで駆けつけ、激励した。そして、あらゆる状況の変化に、電光石火のスピードで対処し、勝って勝って勝ち抜いてきた。
 だからこそ、世界中から賞讃され、期待される″平和と文化の大連帯″を築きあげることができたのである。
 どんな団体も、また企業も、繁栄しているところは、やはり、スピードが違う。時代の趨勢を的確に見極め、対応している。どこも、生き残りをかけて必死で戦っているのである。
 たとえ今は栄えていても、油断したり、傲慢になって、前進をやめてしまえば、間違いなく敗北が待っている。本当に厳しい時代である。リーダーが率先して苦労していくことだ。
 幹部が見かけだけで、要領よく振る舞うようになれば、組織はすぐに沈滞する。無責任であっては幹部失格である。
 人生においても、スピードが大切である。一日の勝利は、まず朝の出発で決まる。断じて「朝に勝つ」ことだ。すがすがしい心で、生き生きと仕事を開始することだ。
 ここに、連続勝利の秘訣があることを忘れてはならない。
 ともあれ、時代は激しく揺れ動いている。ゆえに、「迅速な行動」とそが勝利の要諦であることを、最初に強く申し上げておきたい。
2  尊敬・平等の心で! 女性を大切に
 男女同権である。世界は大きく変わってきている。
 社会の各分野を見ても、女性が活躍しているところは、やはり勝っている。伸びている。
 男性のほうが偉いと思って、女性を下に見る人間がいたならば、時代錯誤であり、とんでもない間違いである。もちろん、男性と女性には違いがあるし、先輩や後輩といった関係もあると思う。しかし、根本はまったく平等である。
 それが仏法の精神である。御書に「男女はきらふべからず」と仰せのとおりだ。
 地域に根ざし、現実に広宣流布を進めている大きな力は婦人部である。また、職場で生き生きと活躍し、家庭にあっても希望の光と輝く女子部の存在が、どれほど大きいか。
 男性の幹部は、婦人部・女子部の皆さんを、いちだんと大事にし、尊敬し、讃えていくべきである。女性の皆さんが、あらゆる面で「やりやすいな」と思えるよう、幹部は、もっと心をくだいていかねばならない。そうすれば、学会は、もう一歩、発展していくこことができる。さらに大きな力を発揮していけるのである。
3  まず、がっちりと「核」をつくれ
 若さは力である。さらに陸続と、新しい青年を育てたい。若いメンバーを大切にしたい。青年が青年を結集し、前進しているところには、めざましい勢いがある。
 ″若い力で変革の波を起こそう! 自分たちの新しい世界を開こう!″――こうした革命児の気概は、青年にとって重要である。
 青年ならば、大いなる理想を持つことだ。そして、その理想に向かって、全力で戦っていくことである。青年部のリーダーは、″わが地域に、日本一の男子部をつくろう!″″日本一の女子部をつくろう!″という情熱を持っていただきたい。情熱あるところ、必ず道は開けていくからだ。
 若いメンバーを育成するには、まず「会う」ことである。そして「語る」ことである。さらに、「一緒に行動する」ことである。ときには、ともに食事をしたり、お茶を飲んだり、そういうなかで励ましていくことも大切である。
 初めは人数が少なくても、かまわない。大切なのは、「核」をがっちりとつくることである。最初からいっぺんに、大勢を相手にしても、確固たる人材群を築くことはできない。十人くらいで、しっかりと「核」を固めていく。そして今度は、その一人一人が、新しい十人の人材を糾合する――そのようにして、広布の人材を育成し、拡大していくのである。
 拡大の目標を決めたならば、断じてそれを達成していくことだ。口先だけで実行を伴わないのは、観念である。仏法は、観念論ではない。現実に、どれだけ人材を育てたか。どれだけ正義の連帯を広げたか。その「結果」が重要なのである。
 戸田先生は、広布の本陣で戦うリーダーに、よく言われていた。
 「君たちは、広布の本陣中の本陣の闘士だ。これほど尊い、これほど偉大な使命はない。最高の誇りと、最高の責任と、最高の生きがいを持っていくのだ」
 さらに「力を持て! 戦って勝て! 全軍が勝利の方向に進めるよう、模範となっていけ!」と徹して指導されていた。本陣のリーダーが怠けていたり、のんびりしていれば、じつに厳しく叱られた。同志は皆、厳しい現実と格闘しながら、一生懸命、広布に尽くしてくださっている。それなのに、リーダーが先頭に立って戦わないのはとんでもない、と激怒された。
 みずから動きもせず、苦労もせずに、組織のうえにあぐらをかいて威張るような幹部が増えたら、学会は根っこから腐ってしまう。そう真剣に危慎されていた。ゆえに戸田先生は、最高幹部に対して、まことに厳しく指導しておられたのである。
 皆さまもまた、みずからの使命と責任を深く自覚してほしい。決意も新たに、勇んで、はつらつと、広布のために率先して戦い、同志の方々に尽くしていただきたい。
4  リーダーの三条件「責任感」「忍耐力」「包容力」
 自身の宿命を勝ち越える。悩める友に勇気を贈る。希望と安心の社会を築いていく――。
 われらの前進は、幸福と平和のための戦いだ。どんな戦いにも、必ず勝利する。そのために、リーダーに求められる条件とは何か。
 それは、「責任感」と「忍耐力」である。そして皆と語りあい、心を通わせていく「包容力」をもつことだ。この三つが大事である。
 断じて勝つ! その強き一念で進むことだ。
 仏法は勝負である。
 人生も勝負である。
 社会も勝負である。
 何もかもが勝負。それが現実なのである。
 であるのに、人がどうとか、自分の立場がどうとか、見栄ばかり張る。愚痴や文句ばかり言う。そういう人間は、戦う前から勝負に負けている。「魔」は、「奪命者」ともいう。魔に心を食い破られ、自分の力を奪われた姿といえよう。
 広宣流布――全人類の宿命を転換する道は、これ以外にない。ゆえに、絶対に勝つしかない。
 「開目抄」には、「我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」と厳然と仰せである。
 これが仏の誓願なのである。
 そして、仏とは、魔軍の攻撃に打ち勝った「勝者」である。負けるような仏は、仏ではない。勝つために仏法はあるのだ。
 では、どこで勝つのか。自分が今いるところで勝つのである。いつか、どこかで、ではない。今いる使命の舞台で、全力を尽くして、「私はこれだけ広宣流布を広げた」「悔いはない。やりきった」と満足のいく勝利を飾ることである。
 まず一つ、勝利の記念碑を打ち立てる。そしてまた次の舞台へ。そこでも勝利を打ち立てる。これが、一生成仏の確たる軌道となっていく。学会活動には、一切、無駄がない。
 愛する地域を繁栄させていく。苦楽をともにする仲間を増やす。自分にとって、いちばんいい道を開く。価値ある充実の人生のリズムをつくる。それらが全部、広宣流布につながるのである。すべてに勝ちまくっていただきたい。
 わが地域で! 今いる舞台で!
 わが使命の場所で勝利することが、自分自身に勝つことなのである。
 広宣流布へ進みゆく尊き民衆を、見くだし、裏切り、苦しめる。これほどの極悪はない。
 それらの魔性は、断じて許してはならない。黙っていてはいけない。痛烈に破折し、反撃し、悪の根を断つのだ。勇気の声が、邪悪を打ち破るのである。
 「正義の法城」を、わが地域に堂々と築きゆくことだ。そこから希望と降伏の光は広がる。
5  信心に「定年」はない。仏典では、人間は「百二十歳まで生きられる」と説いている。生き生きと、長生きして、広宣流布に進んでいただきたい。賢明な生活を心がけることである。たとえば、歩くこと。適度な運動も大事である。また、上手に休息をとる。ゆったりと睡眠をとる。疲れをためないよう工夫することだ。
 根本は、信心である。「健康でありますように」と毎日、御本尊に祈ることだ。
 「百歳以上、生きぬこう」との心意気で!
 長生きして、それだけ、多くの友に尽くしていく。功徳を積む。広布のために戦っていく。世界の創価の同志とともに、すばらしき人生の総仕上げを、晴ればれと飾っていただきたい。
6  被災地の一日も早い復興を祈る
 この席をお借りして、今回の福岡県西方沖地震の甚大な被害に対し、あらためて、心からお見舞い申し上げたい。私も一日も早い復興を祈り、毎日、お題目を送っています。被災された皆さまの健康と無事安穏を祈念しております。さらに、復旧に尽力される尊き皆さまの労苦に心から感謝申し上げます。
 「立正安国論」には、「一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」と仰せである。世界の平和と一切衆生の幸福を、私たちはいちだんと強く祈っていきたい。
 結びに、ドイツの文豪ゲーテの言葉を贈りたい。
 「誠実さと信念だけが人間を価値あるものにする」(『ドイツ避難民閑談集』石井不二雄訳、『ゲーテ全集』6所収、潮出版社)
 仏法に通じる洞察といえよう。
 人間として、最も大事なのは「誠実」である。ツンとして、威張る人間は、結局、だれからも相手にされなくなる。誠実な人間には、かなわない。誠実な人間が、最後は勝つ。
 そして「信念」のためには、いかなる迫害にも屈しない。この勇気ある生き方が、人間を輝かせていくのである。使命深きリーダーとして、全員が「自分が広宣流布の全責任を担う」との決心で、今こそ立ち上がっていただきたい。
 学会が、いかなる嵐にも微動だにせず、来る年も来る年も、「勝利また勝利」の前進をしているのは、すべて尊き同志の、おかげである。リーダーは、心からの「感謝」と「誠意」を伝えていくことを忘れてはならない。
 長時間、ありがとう! お体を大切に。
 私は、皆さんが風邪をひかないように、幸福になるように、そして勝利するように、真剣に祈っています。お元気で! また、お会いしょう!
 (創価文化会館)

1
1