Nichiren・Ikeda

Search & Study

日蓮大聖人・池田大作

検索 & 研究 ver.9

勉強しにくい  

「希望対話」(池田大作全集第65巻)

前後
1  ―― 「勉強」や「進路」の悩みは、だれもがもっています。今回は、中学二年生の男子からの質問です。
 「学校で勉強する気になりません。大キライな先生もいます。頭のいい人ばかり、ひいきするからです。また、つまらなくて眠くなる時間もあります。興味のある科目もありますが、クラスの人の私語が多くて、先生の話が聞こえません。もっと楽しい授業を自由に受けることは、できないでしょうか」
 中学生は、すごく潔癖な年代と言えるかもしれません。先生が一度でも、ひいきをしたり、ウソをついたら、もう大変です。徹底的に、きらいになったりします。また、女子生徒ばかり大事にする男の先生も許せなかったりします。ともかく、勉強がきらいになる大きな理由の一つが、「先生がきらい」ということです。
 池田 そうだろうね。人間は機械ではない。感情がある。好ききらいがある。
 好きになれない先生だと、授業だって、予習・復習だって、どうしても、気が向かない。だから、ますます、わからなくなつて、ますます、その教科がきらいになる。それは、つらいね。
 ―― ある中等部員の数学の先生は、「ただ板書するだけ」のように思えて、数学がどんどん、きらいになりました。三年生になるころには、「どこがわからないのかも、わからない」状態です。先生がきらいだからといつて、その科目まできらいになっては、本当に損をします。
 反対に、国語の先生は、教科書だけに終わらないで、いろいろな本の話や自分の体験を語ってくださり、日本の古典が大好きになったそうです。
 池田 本当に、先生の影響は大きい。大切な仕事です。多くの先生は、一生懸命、努力しておられると、私は信じています。
 その上で、もしか、みなさんが本当に心の底から「学びたい!」「知りたい!」「わかりたい!」という熱い願いをもっているなら、そして、その叫びに、先生が応えようとしないなら……「それならば先生がよくない」と、私は思う。
 ―― それほどの情熱が、自分たちにあるかどうか、ですね。
2  学びたいんだ!
 池田 諸君とは、状況が、まったく違うけれども、「ぼくたちは学びたいんだ!」と立ち上がった生徒たちがいます。南米・コロンビアの生徒たちです。
 ―― 長い間、混乱が続いていた国ですね。麻薬の密売組織のために……。
 池田 そうです。殺人が、まん延して「麻薬戦争」と呼ばれるほど、社会が乱れてしまった。勉強どころではなかった。
 しかし、コロンビアの子どもたちは「私たちにとっていちばん大切な権利は、平和の権利です」と立ち上がった。自分たちで、平和のための「子どもの投票」や「子ども会議」を行った。
 そして、「私たちに平和をください」と訴えて、街頭行進した。その行進には、いつしか大人たちも加わっていたといいます。投票には、三百七十万人もの子どもたちが参加しました。
 運動を推進した子どもたちは「ノーベル平和賞」の候補にもなりました。(ユニセフ・コロンビア事務所 ''Movement of Children for Peace''より、日本ユニセフ協会)
 ―― 本当に、勉強がしたかったのですね!
 池田 世界には、戦争のために学校に行けない人や、勉強したいのに働くしかない人がたくさんいる。悪い指導者が、国中の知識人を殺したので、学校の先生がいなくなった国だってあった。
 旧ユーゴスラビアの戦争で、勉強のチャンスを奪われた少女は言っています。
 「ああ、戦争が始まる前に戻ることができたら、どんなにいいでしょう。あの二年間の失われた時を取り戻したい……」(樫達京子・稲川英二『失われた思春期』径書房)
3  環境に負けるな!! 負ければすべて弁解
 「日本の中学生だから幸せ」?
 ―― そういう世界の友だちから見たら、日本のほとんどの中学生は、学校に行けて、一人一人にイスや机があって、先生方がそろっていて、服や文房具も買うことができて、何より「平和」で……幸せですね!
 池田 いや、そうではない。日本の中学生には、日本の中学生になってみなければわからない苦しみがあると、私は思う。
 「恵まれた環境だから幸せ」とはかぎらない。「大変な環境だから不幸」ともかぎらない。
 幸不幸は、環境で決まるのではない。自分で決まる。環境に負けるか、打ち勝つか。それで決まる。
 勉強だけに、かぎらない。人生には、困ったこと、つらいこと、イヤなこと、悩むことがいっぱいある。そんなとき、二つの生き方しかない。
 一つは、文句を言って、環境のせいにして、敗北してしまうことだ。人は同情してくれるかもしれないが、結局、自分が損だし、何を言っても弁解になる。
 もう一つの生き方。それは、環境がどうあれ、自分の道を自分で開いていくという「負けじ魂」生き方です。
 どっちを選ぶかは、自分で決めることです。
 インドには「カースト制度」が、今も習慣として、根深く残っている。人を「生まれ」によって分けてしまう。
 そのいちばん下の出身でありながら、国の大統領になった人がいる。
 現在(二〇〇〇年)のナラヤナン大統領。私の古い友人です。以前にも紹介したことのある話です。(『世界の指導者と語る』参照、本全集第123巻収録)
 ナラヤナンさんは、七人きょうだいの四番目。家は本当に貧乏で、お風呂もなかった。いつも飢えに苦しんでいたそうだ。小学校まで片道七キロメートル。来る日も来る日も、歩いて通った。雨の季節には、足首まで泥だらけです。
 そのなかを、ナラヤナン少年は、いつも何かを読みながら歩いた。本が買えないので、目にふれる新聞や本を片っぱしから読んでは、メモを取った。
4  強くなれ! 「強い人」が「幸福な人」
 「学費がない? 立ってなさい!」
 池田 「弟は勉強好きだ。応援しよう!」――彼のためにお兄さんや、お姉さんは、小学校への通学をあきらめた。それでも、たった一人分の学費が払えなかった。学費が払えないから、先生に、罰として立たされた。
 ―― ……ひどいですね!
 池田 ナラヤナン少年は、どうしたか。彼は立たされながら、それでも教室の外から、授業を懸命に聞いたのです。
 ―― 脱帽です!
 池田 やがて、ガンジーがつくった「奨学金」をもらって勉強を続け、大学をトップで卒業し、外交官になったのです。しかも、「外交官は図々しくないとできないので、人前で立たされるのは、いい訓練だったんですよ!」と、苦労を笑い話にしておられる。
 強い方です。強い人が幸福です。幸福は「強い、強い心」の中にあるのです。
 ―― ナラヤナン少年くらい強ければ、「先生がキライ」とかの悩みは、小さなものに見えてくるかもしれません。
 池田 私は、あえて具体的に「こうしなさい」とは言わない。諸君自身が決めることだし、状況は一人一人、違うからです。
 具体的には、身近な先輩も、優しく相談ににのってもらいたいと思う。
 ただ、何をするにせよ、「人のせい」にする弱さがあるかぎり、希望の大道は開けません。まず、「全部、自分で決まるんだ!」「自分が強くなるんだ!」と、決意することだ。それもしないで、グチを言ってるだけなら、あまりにも、かっこ悪い。
 「先生が悪い」「親が悪い」「友だちが悪い」――人のせいにするなんて、かっこ悪い生き方だ。
 ナポレオンは言った。「環境がなんだって? 環境は、私自身がつくるものだ」――環境のせいにしないで、自分が満足できる環境を自分でつくろう、という決意です。
 「きらいな先生と、どうつき合うか」――これだって大事な勉強です。思いきって、わからないところを謙虚に教えてもらいに行ってもいい。
 ―― そうしてみたら、案外、いい先生だった、ということも、きっと多いと思います。
 また、環境と言えば、経済問題もあります。ある三年生の女子から寄せられた悩みです。
 「父が会社でリストラにあってしまいました。私は、ある私立高校に行きたいのですが、家のことを考えると、とても行けそうにありません」
 彼女は、ご両親のことを思って、自分から塾もやめたそうです。それでも、私立高校への夢を捨てないで、どうしようかと迷っています。
 池田 ……いつも私は信じている。使命ある諸君が、何があろうと負けるわけがない、と。君たちは、「勝つために生まれてきた」のだから! 夢に向かって、がんばってもらいたい。ご両親とも、よく相談してもらいたい。
 ただし、「希望の高校に行けなかったら、私の人生は終わりなんだ。未来も閉ざされたんだ」なんて、絶対に思っちゃいけない。
 その高校に入ることが、あなたのゴールではない。幸福になることが、ゴールです。かりに希望の高校に入れなくても、大学で志望校に入ればいい。大学がうまくいかなければ、社会人になるときに、勝てばいい。二十代でできなければ、三十代で挑戦すればいい。この繰り返しです、人生は。
 たとえ遠回りしても、最後に、勝利のテープを切ればいいのです。強くなることです。強い人が幸福の人です。
5  「奨学金」もある
 池田 また、状況によっては、志望校をあきらめなくてもいいかもしれない。「奨学金」の制度もある。未来をあきらめず、人の倍、勉強することです。
 ―― はい。念のため、「奨学金」というのは、学校に行くお金を借りて、社会人になってから返す制度です。
 たとえば日本育英会(=平成十六年〈二〇〇四年〉より独立行政法人日本学生支援機構へ事業移行)では、中三時に募集を行います。公立・私立を問わず、貸してもらえますし、もちろん、私立のほうが高額です。高校に入ってからも、リストラや、親の病気や死などに直面したとき、緊急で貸してもらえる制度もあります。大学生や短大生、専門学校生などについては、希望者のほとんどに貸してもらえるものもあります。
 いずれにせよ、ご両親や先生、先輩に、よく相談し、決してあきらめないでほしいと思います。
 池田 苦しい環境であっても、そこで歯をくいしばってがんばる人は、人が見つけられない「財産」を自分のものにできる。反対に、弱い人は、どんなに「恵まれた環境」でも、「自分をダメにする環境」にしてしまう。
 イタリアだったか、「難破船には、どんな風も逆風である」という、ことわざがある。
6  だれが、あなたの人生の主人公か
 池田 ともかく、「進路」というと、何か「決まったレール」があって、そこを行くように思うかもしれない。でも、そうじゃない。
 高村光太郎という詩人は言った。
  僕の前に道はない
  僕の後ろに道は出来る(詩「道程」、『近代詩人4 高村光太郎』所収、潮出版社)
 あなたが歩いた、その道が、あなたの「進路」になるんです。
 あなたが選んだ、その生き方が、あなたの「将来」を決めるんです。
 だれが決めるものでもない。だれのせいでもない。全部、あなたの人生です。
 「環境」に振りまわされるだけなら、環境が、あなたの人生の主人公ということになってしまう。それでは、つまらない。
 あなたの人生を決める主人公は、「あなた自身」なのです。

1
1